ショールーム来店予約 無料お見積り・お問い合わせはこちら
代表挨拶 たかはしとは たかはしの福祉用品について たかはしの介護事業について
オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2013年1月

現場調査スタートしました

「エコ住まい博」は 終わりましたが
実は これからがスタートです
現場調査 設計 プランニング提出までが一つの区切り
たかはし に期待して 現場調査をご依頼いただいた
皆さん 本日から予約いただきました通り
順次お伺いします スタッフ 分担で向かわせて頂きます
短くても 1時間は みっちり 調査させていただきますので
移動も含め 1日1チームで4件が一杯です
年始から始まった 大規模リフォーム現場も 本日ユニットバスが
設置完了 現場確認にも 気が抜けません
明日からは マンションの水周り工事がスタートします
イベント直後は事務所の雰囲気もちょっと違います

エコ住まい博 ご来場有難うございました

2日目も真剣なご相談をたくさんいただきました
ご来場が途切れる事無く 問屋さんメーカーさん
の協力で お客さんのご質問に答えて行きます
私も受付に入って 対応をしています
「あっ チラシの写真と一緒だ!」????
私の顔を見る途端に 笑顔でのご挨拶
私達のイベントは 直接お出会いする以前に
多くの情報提供があります
会場の作りもそのようになっています
リフォームの業界はとかく解りにくい
業者の常識と お客様の思い込みが
大きく違うときが有り 不審と不安が一杯です
メリットとデメリットが 共存し
それぞれのご家庭の住まい方も色々です
今回で30回目を迎えましたが
毎回新しい 気づきや発見があります
スタッフもお客様からの「えっ!?」と言う質問が飛び出て
改めてご説明の手順と手元資料の改善を毎回しています
本日ご来場頂き 現場調査をご依頼いたいた皆さん
今、会社で全員残って スケジュール調整をしています
明日からの 着工現場も有り 分単位の動きにしばらくなりそうですが
シッカリとした ご提案がお出しできるように
努力します 宜しくお願いします
本日 ご対応した オールスターキャストです
ご苦労さんでした
明日からが 本当のスタートです


イベント1日目 帰って来ました

栗東 さきら での「エコ住まい博」
1日目が無事終わりました
当社のイベントは公共会場での開催にこだわっているため
来場のお客様はそんなに多くありません
でも お一人お一人 シッカリとご挨拶ができる事や
ご相談内容も少しはお話でき 現場調査の日程調整する時間もとれます
初めてご来場いただいた F様 熱心にパネルを「熟読」いただき
お昼前にこられたんですが 有に2時間。 お帰り前には
「社長さん とても参考になったヨ
明日、家内を連れてくるんで宜しくネ」
以前に 施工直後に業者と連絡が取れなくなって困ったとの事
当社が 本当にお役に立てるかは まだ解りませんが
もし、当社以外で リフォームされる事になっても
会場で 見ていただいた 「リフォーム成功の7箇条」
は 是非 参考にしてくださいネ
また
本日、会場で応援していただいた 問屋さんメーカーさん
ありがとうございました
明日も宜しくお願いします

イベント1日目 行ってきます

エコ住まい博 1日目です
ちょっと寒いですが 天気はバッチリ
今から 栗東の「さきら」に向かいます
朝礼を済ませ 「行ってきます!」
今日は どんな出会いがあるか楽しみです
オット 駐車許可証を 忘れる所でした
(来場される方は さきらの立体駐車場に
駐車してくださいネ 駐車券がでますので
会場に持って来ていただいたら無料化します)
公共会場なので ルールは 厳守です

「エコ住まい博」設営完了!

今、「栗東さきら」から帰って来ました
協力のメーカーさんからもう30回にもなったんですね
と 初回のころを懐かしむ様に声をかけられました
思い返せば 始めの頃の いろんな思い出
メーカーさんの展示物の提供がなかなか難しく
イベント企画書を何度も書き直して
お願いに回ったり 頼みたおして
チラシも何回も修正して 印刷屋さんから
「もう これを最終修正にしてくださいね」と
印刷締切の直前まで あーやない こーやないと
散々 こまらせた 思い出があります
今はといえば 参加者もだいたい 同じ
会場のスタッフさんとも 顔なじみ
運送の運ちゃんも気心知れて
流れるように 設営が進みます
よく わたしは 「イベント サーカス」って言っています
でも 毎回 当然展示設備商品も変わるし
レイアウトも 変えて 色々試しています
「どのように 配置したら 見やすいか 解りやすいか?」
30回の今でも 試行錯誤です
会場センターには シンボル シートが掲げられ
これが 定位置に収まってから 一斉にセットです
今回も多くの展示品を提供いただきました
問屋さん メーカーさん 本当にありがとうございました
きっと お客さんに 「来てよかった」と言ってもらえる
会場オペレーションをします
さあ あすは本番
雪の心配も無さそうです
ガンバローーーーー
ヨッシャーーーーー

エコ住まい博 チラシ入りました

19日20日開催の「エコ住まい博」チラシが
新聞折込に入りました
新聞配達の方々 雪の中ご苦労様でした
午後からは 栗東 さきら に 搬入作業です
先発は昼から出発して設営にかかっています
私も今から 車に満載の資料関連を積んで
今から出発です
当社のイベントには水周り展示品はもちろんですが
写真のような 手書きのパネルが沢山置かれます
あまりにも多いので 皆さん初めて参加されたときは
びっくりされます でもこのパネルが当社の自慢です
まだまだ 書きたいのですが
時間が迫って来ました
今から 会場 さきらに向かいます
帰ったら 設営状況 報告します

では、、、

阪神・淡路大震災から18年

あの日の朝 ここ滋賀県でも強い揺れを感じた事を
今もシッカリ覚えています
2日ほどあとから 物流の影響が出だし
現場の資材の調達にも慌てた事が ついこの間
それから 早くも18年が過ぎました
その間にも 東日本での事など
100年単位での出来事と考えていた事が
次々と起き 生活基盤を脅かしています
先の震災でも 直後は リフォーム 新築の計画を
中止 延期 される方が増えた時期もありました
「こんな時期に家を、、、、不謹慎では、、、」と
ご判断された方もおられます
でも やはり自分の命を守る 自分の住まいについて
再度考え直す動きが今増えて来ています
本日も 規模の大きな現場調査が2件
耐震の相談が含まれています
「耐震」「免震」「制振」と地震の被害をいかに
対処するか 皆さん真剣にご相談をいただきました

また 今週末の「エコ住まい博」の準備が急ピッチで進んでいます
協力してくれている メーカ担当者も会場への搬入打合せに来社
明日は 午後から 会場設営です

解体工事どんどん進行中

昨日に引き続き解体工事が進んでいます
床を中心に どんどん 家の骨格があらわになっていきます
規模が大きく 出る廃材も半端ではありません
でも 一つ一つ分別して 処理を進めて行きます
この時期の解体は 気温の低さもあって
近隣の方が 窓等を閉めておられる事が多く
騒音などの 気遣いが若干ですが和らぐのと
ある程度 閉鎖した形で解体工事が進められるため
ホコリ等の外部への飛散も 防げます
でも 十分に気をつけて 工事を進め
少しでも 早く次の工程に渡せる様に
解体の 岡君 休憩もそこそこにどんどん作業を
進めていてくれます
「安全に気をつけて 宜しくお願いします」と
声をかけると
「ハイッ」と元気が声が帰ってきました
「よし 大丈夫」 安心して 次の現場の確認に
向かいました

現場調査が混み合っています

昨年からのご依頼分も含め チラシでお問い合わせの方の
現場調査が本日は2時間単位で続きます
私達は「ゲンチョウ」と略して言っていますが
この現場調査が大変重要です
初めてのお客様の現場調査には 建築士の山本と 代表の私が必ず向かいます
よく、「社長さんが来るんですか」と 仰る方もおられるんですが
この「現調」がとても大切だから、合わせて 私達でお役に立てるのかの判断も
早期の段階で 判断するために お伺いしています
場合によっては 最初の段階で お伝えしなければならない事があるからです
「診断的」な要素が強く 時には、つらい ご返事をする事もあります
住まいには 家族との歴史を重ねる中で 辛みや痛みを抱えている部分が多いです
だけど、なんとかしたい 限られた期間と予算で 今の不安や悩みを解決したい
「業者」と「お客」の関係では無く 住まい手と家の専門家が「我々」Weの関係で 今の住まいの問題解決に 一緒になって 取り組む 考える
この 信頼関係が 築けるか築けないかが 現場調査の時の重要点になります
だから 現場の計測だけでは ダメで 「たかはし」の リフォームに取り組む
姿勢や考え方 過去の実績も合わせて ご説明するようにしています
現場でのヒアリングを進めていくと お客様自身が 希望の矛盾点に気づいたり
家族内での 意見の食い違いに 今になって気がつく事は多いです
だから 初回の現場調査は大変重要で 会社のトップが 向かわざるを得ないと
考えています。 本日の現場調査も 効率よく運んでも 2時間半かかりました
次の現場調査のお客様に 時間の調整の連絡を入れながら お客様に次回の
プラン提出の 日時をお約束して  さあ 次!へ向かわせて頂きます。

フルリフォーム 着工しました

本日からO様邸 大規模リフォームの着工です
年始から 引越しをされ 主のいなくなった住まいに
まずは 水周りのお清めから始まり
解体作業が始まりました
今回のリフォーム改修範囲が 生活権のほぼ全域に渡るため
お客様の負担を少しでも 減らす為
近くに 仮住まいを探す所から始まり
リフォーム資金の ご準備から プラン作成まで
お出会いから 約半年が掛かりました
キッチンの解体から始まり
天井部分を撤去し そして お風呂まで解体が進みました
予定通りの進行で 初日を終える事ができました
O様 シッカリと施工しますので
楽しみにしてくださいネ
工事の進行は今後は
日刊現場レポートのブログで随時UPしていきます
ご期待ください