リライフの実現

自分にとってふさわしい リフォーム re+form(形) とは何でしょうか?

その真の目的は リライフ re+life(生活) にあると私たちは考えています。

「形」だけが先になってしまうと、出来上がったフォームはどこか不満の残る結果になってしまいます。
今の暮らしのどこに不満があり、それをどう改善したいかリライフのイメージが固まったらご相談下さい。

ご相談者の希望にぴったりくる答えを一緒に探してくれるのが本当のプロです。
どうか「常識」や「思い込み」を捨てて耳を傾けてみて下さい。

もしその時、ありきたりのアイデアや提案しか出てこなければ、
他を探した方がいいと思います。
私の顧客志向とは、お客様がイメージしたものを
そのままお出しするのではなく、
こういうものがあるとは知らなかった。 欲しかったものはこれだと

後から気付いていただくものを提供すること、
つまりお客様のイメージに少し先を行く事だと考えます。

そういうことにこだわっています。
そんなことが大事なことだと考えています。

リビングを中心とした暮らしへ

リビングから生まれる豊かな毎日

家のどこで何をしていても家族の気配を感じる家作り。
リビングを中心とした暮らしがしっかり設計されていることがこれからの家作り・リフォームにおいてとても重要であるとたかはしは考えます。

例えば奥様はキッチンでお料理づくり。ご主人はリビングのパソコンでインターネットを使って調べもの。
お互いが別のことをしていても自然と言葉が交わされる
ことが当たり前の心通う毎日。

また、テレビはデジタル化により、インターネットとつなげてフレキシブルな使い方が可能になる時代です。大画面テレビを中心としたリビングは、暮らしの中心になり、家族が自然と集まります。オープンなLDK空間にすることで、久しぶりに実家に帰ってこられた子供やお孫さんとみんなで過ごす三世帯コミュニケーションの時間も増えることでしょう。

「またおじいちゃんのおうちに行きたい!」そんな言葉がお孫さんから自然と出てくるような、そんな温かく魅力のあるリビング作りをたかはしはご提案します。

この地域以外にお住まいの方はご相談ください。