リフォームならではのツボをおさえて納得・満足のできるリフォームを!!

第1条

納得の出来る、しっかりした業者を選ぶ。

お施主様と工事業者の間にしっかりとした信頼関係がなければよいものは出来ません。以下のポイントを参考にして下さい。一生に何度としないせっかくのリフォームですから、「やってよかった!」と心から言えるものにして頂くために、是非「安さ」だけにとらわれない業者選びをしましょう。

①電話したらすぐに対応してくれるか。
②施行実績が豊富か。
③担当者の対応に誠実さが感じられるか。
④保証証の発行などアフターシステムがしっかりしているか。
⑤見積は詳細か。
⑥お客様の声を聞くシステムがあるか。

第2条

リフォームの目的をはっきりさせる。

なぜリフォームしたいのかという動機を明確にしてからプランを立てましょう。
いざプランを立てはじめると、どうしてもあれこれと迷いがちです。
家族会議などで「これだけは譲れない」というところをはっきりさせておいた方がよいでしょう。

第3条

大体の予算を決める。

適切なプランニングのためにも予算ははっきり伝えましょう。
例えば「なるべく低予算で・・・」という曖昧な提示をし、担当者はそれに従いましたが、発注後にあと10万円多く予算があることが事前に分かっていれば高性能な設備を入れられたのに・・・などということになりかねません。

第4条

リフォームの時期を考える。

リフォームはほとんどの場合住みながらの工事になります。
工事中はお部屋の荷物の移動や騒音は避けられませんので家の中が混乱状態になりがちです。受験直前のお子様やご病気の方がいらっしゃる場合は時期をずらすのが無難です。また、お盆や年末年始などどうしてもその時期までに工事を済ませたい場合は、早めはやめのプランを立てましょう。

第5条

要望、約束などは記録に残す。

大切な内容を口頭のみで済ませると後で「言った」「言わない」のトラブルになりがち。メモを取り、確認し合うなど記録を残しましょう。
弊社では、打ち合わせ記録を書面に残すようにしています。又、工事の追加や変更の場合は確認書で確認を取るようにしています。

第6条

ご近所へのごあいさつは忘れずに。

工事中は工事車輌が出入りしたり、騒音がしたり・・・大規模な工事程ご近所の皆様にどうしてもご迷惑をおかけします。弊社では施行前と施工後に担当者がご近所の皆様方に工事の説明とごあいさつを行ないますが、出来ましたら無効三軒両隣へは重ねてお施主様からお声をかけて頂くと工事もスムーズのようです。

第7条

ときどき、現場をチェック。

例えばキッチンの高さは適切かどうかなどを時々チェックしてみましょう。やむを得ず変更したい場所が出てきたり、気になる部位があれば必ず早め早めに担当者に連絡をしましょう。工事中の変更は出来るだけしなくていいように事前に納得いくまで、充分打ち合わせをしましょう。

この地域以外にお住まいの方はご相談ください。