建物には経年変化があります。どの時期にどこまで修理すればよいのか?など、建物や設備機器の
耐用年数を考慮したリフォームのタイミングと修繕ポイントをご紹介いたします。

新築

不具合がない限り、点検や清掃をしっかり行なえばOK です。
住まいを長持ちさせるため定期的な点検を習慣づけましょう。

■雨どいやバルコニー排水口の清掃や点検( 毎年定期的に)
■外部排水枡の清掃や点検( 毎年定期的に)
■ワックスがけ( 年に3 ~ 4 回定期的に)
■外部の鉄板部や木部の点検( 毎年定期的に)
■障子、ふすまの張替え(2 ~ 3 年おき)
■畳の表替え(2~ 3 年おき)

5年

住まいの小さな部分の破損や汚れが目立ってきます。
早めの対応が大切な時期です。

■瓦の点検及び部分的な割れ・ズレの補修
■内外部の建具の建て付け直し
■給排水管の配管クリーニング
■外壁の部分的な清掃亀裂直し
■クロスの貼り替え
■外部の鉄板部や木部の塗装塗り替え

10年

キッチン、トイレ、浴室、給湯機などの水廻り設備が故障や不調を起こし
始めたり、外壁や屋根などの外部の破損や汚れが気になる時期です。

■瓦の点検及び部分的な割れ・ズレの補修
■内外部の建具の建て付け直し
■給排水管の配管クリーニング
■外壁の部分的な清掃亀裂直し
■クロスの貼り替え
■外部の鉄板部や木部の塗装塗り替え

15年

土台や給排水管など、住まいの目に見えない部分に、腐食、破損が
出てくる時期です。しっかりとした対応が大切です。

■瓦の割れ、ズレの全体的な補修
■雨どいの全体的な補修
■破風板、軒天、雨戸、戸袋などの全体的な補修
■部分的な基礎の亀裂補修
■床の全面的な補修
■水廻り空間全体の補修

20年

住まいの耐用年数や家族構成の変化から増改築レベルの
見直しが必要な時期です。

■建具の入れ替え、全体的な補修
■全体的な基礎の補修
■外壁の全体的な補修
■瓦の葺き替えなど屋根の全体的な補修
■水廻り設備の機能陳腐化などによる全体的な入れ替え
■間取り変更も含めた全面改装

この地域以外にお住まいの方はご相談ください。