ショールーム来店予約 無料お見積り・お問い合わせはこちら
代表挨拶 たかはしとは たかはしの福祉用品について たかはしの介護事業について
オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2013年1月

70点 緊急反省会 招集

以前にご紹介した 完工アンケート
「仕事の通信簿」が 本日3通到着

早速 開封して 中身確認!
先日 外壁塗装の完了したN様からの返信です
満足度は何点ですかの枠の中
「70点」!
私の命令で 退社前に 緊急反省会の招集のメール発信
当社では 85点以下は 緊急反省会を無条件で開催
内容 検証 と 改善 を図ります
20行の 欄に 端的に 3行の文字

○作業日程の説明が不十分
○こちらから言わなければそのまま事が進んでいき
最後では作業の中身がわからない
○職人さんは 良かったです

70点

全員で内容確認 !
工事が終わった時は 「ご苦労さん」と言っていただいていて
終わったつもりでいた 自分がくやしい
伝えたつもりでいた 自分がくやしい
職人さんが 頑張って くれているのに、、、、 自分がくやしい

次につなげる為 今できる事は無いか
きょうの現場はどうだったか?
今回の様に 書いていただける お客さんは
たかはしの 足らない所を 残り30点を 期待してご採点していただいている

ご返信いただいている 事への 感謝と 今後のアフターで 名誉回復を誓って
本日の緊急反省会を 終了

アンケート ご返信のお礼状を 即日 返信します

ほんとにーー?

本日午前中の現場調査が終わって 会社に戻ってくると
ちょうど ご来店のお客様と ハチ合わせ
「あっ ちょっと キッチンの水栓の事で、、、、」
「いいですよ どうぞ お入り下さい」
「このチラシの これ なんですけど、 本当にこれでできるんですか?」
「はい、発注前に現状を確認させていただきますが 今までもそれでさせていただいていますヨ」
「ほんとにーーーー?」
「あとで これ別あれ別って 言うんでしょう?」
「現場確認をさせていただいてのご提示でしたら そんな事はないですよ」
「ほんとにーーーー?」
「なぜ、そんなに不安なんですか?」
「だって 今まで 、、、、、、、、」
リフォームの価格については 皆さん「不安と不信」を持っていただいているようです
業者側の常識を 勝手にお客様に押し付けてきていた事が
この様な お客様の 言動を産むんだと 思います
生活に欠かせない 「衣」「食」「住」の業界にあって
「解りにくさ」においては 「住」が一番遅れていると たかはし は認識しています
これからも 「衣」「食」の業界に学び
リフォームをもっと身近に・わかりやすく!
を 追求していきたいと 思います ので 応援してくださいネ

さて、これから かかりつけの耳鼻科に行って来ます

じつは 私 「しっかりした」杉花粉症です
杉や桧のかおり は 大変好きなのですが
花粉は 大嫌い です
いつも1月のこの時期から 投薬による 予防をはじめるのが 通例です
花粉の最盛期にはやはり症状は出ますが
何も しなければ 微熱と鼻水 くしゃみで とても 皆さんのお相手ができません
体の マネージメント は 大事です
無きオヤジが よく言っていました
「自分の体が 管理できないような者が 現場や人を管理できるわけがない」
「ギョイ!」

リフォーム業は「あやしい」!?

本日も現場調査が続きます
3件目の訪問先での事
ちょっと様子が変です
外壁塗装のご相談だったのですが
どう見ても(正面から見る限り)
(現場調査依頼書で築年数はお聞きしているので)
そんなに遠くない時期に塗装工事がされています
どうしたのかなーーーと思いながら
玄関先で お爺さんと覚しき方が出てこられました
先のイベントに来られた方と違います イベントで出会った
依頼者のNさんは娘婿さんで 今日は 平日なので ご不在は確認ずみ
私達の現場調査は 事前にお出会いしておおよその内容を聞いている
ケースが多い為 お伺いすると 中に入れていただいて 調査範囲の確認とか
建築図面などの用意していただいた物の 確認に入るのですが
今回の訪問は 玄関先での 立ち話になりました
まずは お爺さんの 第一声は なんと!
「お前らは 本当にちゃんと塗っているんか?」ですicon_eek.gif
「おまえら」! これは ただ事ではないなと思いました
この様な状況で 現場調査はできません
場合によっては 「私達ではお役にたてません」と
丁重にお断りして 帰る ケースもあるのですが
依頼者の Nさんからは このお爺さんの事もチャント聞いております
改めて 帽子をとって ご挨拶  名刺も渡しNさんとお出会いした経緯、
そして私達の自己紹介 会社の事 どこから来たのか 施工事例 実績とかを
ゆ・っ・く・り お話しました
しばらくして 手に持った 私の名刺をメガネをずらしながら 見ながら
「あんた 社長さんか?」、、、、
「まあ、立ち話もなんなんで 座ってや」
ひとまず 玄関の上り口に 腰をおろし お爺さんも あぐら に
座ってからは なんと 延々 30分あまり 以前の塗装工事の不満を
一気に おっしゃいましたicon_mad.gif
事の起こりは 軒天(屋根軒先の裏側の事)の塗装の剥離です
塗装の瑕疵だけの事は 5分で済んだのですが 残り 25分以上は
工事中の事ばかり
初日の到着時間が遅れ 連絡無しで 休作業
挨拶なし 職人が玄関先でゴロ寝
車を近隣にまたがっての無断駐車
足場組みのときに お爺さんの大事な庭の木の枝を折った事
高圧洗浄(塗装前に壁を水あらいする事)の時 隣に屋根のコケが飛んだ事
その事を放置たまま帰った事  帰宅された隣人からクレームが当家に来た事
営業担当は 契約後 一度も顔を出さない事
塗料が 見積書に書いてある 物と違う事  量は そもそも 不明
3回塗りと言っているが 証拠が無い
口約束の10年保証と 言っていたが 現に2年とちょっとで 剥離がおきた
連絡したら 担当者は 退社して、、、、、、、
他 まだまだ お話は続いたのですが
ずっと 「うん、、うん、、、」って 聞かせていただいて、、、、
しばらくして
「ほな、内の奴が 呼んだんで 見てくれるか、、、、」
家の周りを 一緒に回って 状況確認
この頃には 世間話も出てきて、、、、、
「あー社長さん せっかく来てくれたんで 「ゆず」持ってかえりーーー」
と 低い枝ぶりなんですが 鈴なりになった ゆずを 袋にとって下さいました

お返しといっては なんですが
今度 プランをお出しするまでにこれ読んでおいて下さいと

、、、を お渡しして
次回は 当社店舗で プラン提出の日時を調整して
(家族全部で行くけどいいかーー   どうぞーーー)
現場調査が 終わりました
お爺さん は 最後に 「すまんなーーーー」でした

勉強会 開催します

今年初めての「ゼロから学べる 家づくり勉強会」を開催します

当社は 全国の工務店が集まって作っている
「安くていい家をつくる会」滋賀支部をあづかっています
今年最初の開催は 2月10日11日の2日間
13時から16時 受付開始 12時30分
場所は 近江八幡市文化会館 で 開催します
受付は 安くていい家をつくる会 事務局
0120-936-514
または メールで info@teic.co.jp
まで ご住所 お名前 連絡先電話番号 参加人数 お子様の数
を ご登録下さい
当日は プロのベビーシッターが在住していますので
小さな お子様連れでも安心して 参加できます
近江八幡 東近江 方面の 生活情報誌 オウティには
ご案内を出しましたが それ以外の地域の方でも参加は自由です

現場調査の効率化

本日も午前中3件 午後2件 モデルハウスの見学3組等
スケジュール調整に気が抜けません
時間との勝負になっています
現場調査では お客様からのヒアリング時間が一番大事
ここには シッカリ時間を確保しなければなりません
でも 時間は限られています
お客様も 日曜日ならではの 予定も有り時間制限があります
となると 時間効率を図るのは 現場計測の時間となります
今 一番 の助っ人は コレ!
レーザーメジャーです

これが なかなかの優れ物  手放せません
計測時間が 約5分の1になりました
尚かつ 計測精度が 一桁 上がりました
累積計測や 高さ計測 内寸測定 等など
使いこなしています
ほかにも 水平計測や クラックスケール
いろんな プロのツールがありますので
追って ご紹介しますネ
今、昼食もそこそこに 今ブログを書いています
今日は ここまで
次のお客様がお待ちです

では 失礼します

現場調査進行中 お詫び

エコ住まい博から早くも1週間が過ぎようとしています
本日と明日(土、日)は現場調査が集中しています
やはり皆さん 在宅が休日の方が多いのも事実
車のナビを使う様になってからは
ナビだよりになってしまい
ナビ無しでは 移動できなくなってしまっています

本日の現場訪問の中の1件で 現在お住まいとは違う
場所を現場調査ご依頼いただいた方の訪問先入力で
現住所を入力してしまい
途中で入力しなおす 失態をしでかしました
現場到着時間の遅刻です
私自信 常々 時間の厳守にこだわっていた本人が
結果として遅刻です
気づいた時点で 連絡 遅延時間を連絡して
方向転換
さぞかし お叱りを受けると覚悟しておりましたが
なんとか寛大にお許しを願い
すぐさま 同行の 井辻 と共に 計測に入りました
現場は 門構えも立派な 和風の平屋住宅!
ご依頼内容は 外装と 水周りの設備リフレッシュです
生活動線の ワンフロアー化 が注目されています
高齢化に伴い 従来の2階寝室が敬遠され
主寝室を1階にもってきたい ご要望が増えています
その場合 1階に新規に寝室を確保するとなると
間取り 変更 または 増築となります
10平米以上の増築が難しい中にあって
最初から 平屋の新築 または 平屋中古住宅の
需要は 伸びてくると 考えられます
今回も 今の2階建てのお住まいを 平屋に住み替えのご計画
建物自体はシッカリしているので 設備を入れ替えれば
シニア向けのアクティブ住宅としての「再生」が完成します
「遅刻」した分 プラン内容で お返しするしかありません
帰りの車の中でも プランを考え「安全運転第一」
少しでも 早く 御提案をお出ししますので
宜しくお願いします

地域みっちゃく生活情報誌 

「ロトス」 「オウティ」 「OZIS」
って ご存知ですか?
「ロトス」は 草津地域
「オウティ」は 近江八幡 東近江 地域
「OZIS」(オージス)は 大津地域
に 入る フリーペーパーです
本日から 3誌に 当社の 勉強会 と ゼロキューブの
広告が入りました
もし ここ2,3日の内にポストで お目にかかれば
当社のコマーシャルを探していただいたら 嬉しいです

本日は 「売り込み」のご紹介 でした

常滑に研修に行ってきました

本日は朝礼が終わるやいなや守山駅からJRへ

草津駅からメーカーさんの用意してくれたバスで
愛知県 常滑 の リクシル榎戸(えのきど)工場へ

工場内見学と商品研修を受けて来ました
工場内は写真撮影禁止のため
面白い工程がご紹介できないのが残念なのですが
こんな工程です

工場の規模は大きいのですが 作業工程は この地域で有名な「常滑焼き」

(今日のお土産です)
を創る工程とそれほどの違いはありません
ロボットが入ったりある程度の自動化は図られていますが
肝心な部分は 熟練の作業員による所が大きく占めています
最後に焼いて完成するのですが その後のチェックの厳しい事
傷やムラを徹底的に マジックでチェックしていきます
そこまでしなくてもいいのにと思うぐらい
少なくとも 私の目には不良箇所が マジックでマーキングしてあっても解りません
自分達の製品に本当にプライドと責任と愛着を持ってものづくりに取り組ませて
いるんだなーとつくづく思いました
工場内の作業員も 説明要員も 意外と 年配の方が多く 自分たちの技を
シッカリ守っている姿勢に 改めて 感心と愛着を感じました
焼き物なので 焼くと 収縮するのですが
それが 想像を超える「チジミ」方で 思わず 笑えてしまったのですが
笑っていたのは私だけでは無く 他の参加者も同じ様でした

これがそれ 一番右が型から外した状態  真ん中が乾燥後  左が焼いた後
ギュッと 縮まっているの わかります?icon_eek.gif icon_lol.gif
だけど 均等に収縮するまでに 何度も型を作り直してトライするそうです
その後 ショールームで製品特徴の説明


ベテラン?のおじさんの熱のこもった説明
(名前聞いときゃーよかったなー)
ライバル T社との比較を「テッテイテキ!」に「徹底的!」に「コテンパン!」に
アピール kao16.gif  強調! 誇張? 自慢!
自分達の製品を 本当に 愛しているんだな と 感じ 逆に好感kao06.gifを持ちました


あーこれ 初代のヲシュレットだそうです
当初は トイレでお尻を洗うという事に対して 違和感と驚きが交錯していたとのこと
特に 医療関連の方が 導入されるケースがあったとのこと 非常に高額だったとの事

最初のお出迎えから 最後の見送りまで トップの工場長自ら
対応いただきました 企業の95%はトップで決まると言われますが
工場スタッフも 作業工程も 説明のおじさんも 「常滑焼き」の
伝統工芸の あったかさを 感じた 工場研修でした
日頃 カタログだけで 商品を 販売している私ですが
改めて その 製品がどのように どんな人 が どんな魂で 造っているのかを
知る機会を得られて 本当によかったと思います
あの おじさんの説明要員さんが 熱く語った 製品のメッセージを
明日から お客さんに伝えてみたくなりました
有難うございました

お土産の 器  じっと見ていると
これに ビールを入れたら さぞかし いいきめの細かい泡立ちだろうなーkao-a08.gif
と 思ったら どうしても それがしたくなって
今日の締めくくりに

ちょっと 一口 icon_wink.gif
「うっっまー」
本日は以上で終わり

明日は 2日分の仕事が待っています
ゼロキューブの見学予約も2件入っています
はよ 風呂入って 寝ます!

急ピッチ 進行中

本日も現場調査が続きます
リフォームは当然ながら 100件のご相談があっても
2つとして同じ物はありません
だから 「目が離せない」「他人任せ(丸なげ)にできない」
難しさがあります
また その家の抱えている 痛みの部分もそれぞれです
リフォームはお医者さんの診断と共通する部分があります
問診票に記入 診察 治療 手術 リハビリ がそれぞれ
受付アンケート 現場調査 リペア工事 リフォーム工事 メンテナンス
に当たります
開業医が 主治医 スタッフを外部に委託する事が無いように
リフォームに取り組みには 経営的になリスクでも
自社施工にならざるを得ないと考えています
社長も職人なので 営業は 下手くそで
会社も 小さいですicon_cry.gif

現場調査の間にも 工事中の現場に立ち寄ります
看板よし! 掃除よし! 工事車両の駐車よし!
工事スタッフも 寒い中 黙々と作業をこなします
お客様も 仮住まいで ご不便な生活をおくられている
少しでも早く 完成させたい でも慎重に
「寒い中ごくろうサン!」
「なんか 困っている事ナイカ?」
大丈夫ですバッチリです!
「ほな 安全に気をつけて 宜しくたのむデー」
ハイ! 任しといてください!
さあ もう1件現場に寄って 会社に戻ります

明日は あるメーカーの滋賀支店ブロック会の出張研修です
愛知県の 常滑に 一日掛けて 工場見学と商品研修です

バッチリ写真をとってきて 報告します
では行って来ます!

SOS

本日も現場調査が続きます
最後の現場調査が終わり 車に戻ると
会社から電話!
OBのお客様から
「何かビニールのこげた匂いがする」
との連絡、運良く 今いる所から10分の距離
会社から向かうよりも近い距離です
基本的な工具はいつも車に常備しているため
そのまま直行 お宅に着くと なんと家の電気が
全部消えて 玄関口に お客様が心配そうに立っておられます
ご挨拶すると 「ちゃんと来てくれたの!」よかったーーー
当社の電話対応したものが
念のためブレーカーを切った上で修理をお待ちください
と対応したので お客様の判断で 主幹のブレーカーを切っておられたようです
懐中電灯の明かりの元 まずは 目視点検
目視的には異常無し そこで 分電盤で 電圧確認と 漏電調査
その結果 外部の回路(ガレージ周り)が少し問題があることを発見
他の回路のブレーカーを復帰すると ガレージ以外は電気が復電しました
リビング周りの照明も点いて ひとまず安心
コンセント周りが「怪しい」と判断して 充電器がつながっていたボックス
を開けると接触不良から コンセントが焼損 している箇所が見つかりました
匂いも確かに ここからしています

車に常備している 予備コンセントを交換して 修理完了
到着から復旧まで所要時間12分でした
「よかったー」「これで安心して寝られるわーーーー」
「ありがとーーーー」

たかはし には 純粋な営業マンは一人もいません
建築設備に関する 資格をもった 職人プロ集団です
ユニフォームは 作業服です
リフォームに対応するには スーツ スラックス ネクタイ姿では
対応できないと考えているからです
車には 基本工具 測定器が 常備されています
場合によっては すぐに 天井裏 縁の下 に入って原因究明をします
たかはしに ご用命頂く お客様が それを お望みだからです
作業服のユニフォーム姿がよく似合う そして 誇りに思う
プロの職人集団で 有り続けたいと考えています